1. HOME
  2. イベント
  3. VOICE(ボイス)〜死者の声を聞け〜
推理ミステリー

VOICE(ボイス)〜死者の声を聞け〜

情報屋

先日、サンシャインシティ内の古代オリエント博物館で不可解な殺人事件が発生し、いまだ解決をみていない。 古代メソポタミアの装飾品の呪いだという噂も広まりつつあり、急に解決したいと博物館の館長から相談され探偵に依頼することになった。ぜひキミにこの事件を引き受けてもらいたい。現場ではスマートフォンから情報を入手することになるから、イヤホンを持っていくことを忘れないようにな

VOICE(ボイス)〜死者の声を聞け〜
池袋東口エリアで開催
  • 2023年08月05日(土)〜
  • 税込3,800円/1人
  • 60分〜90分&推理結果投票
  • 難易度:☆☆☆☆
  • 池袋東口エリア

情報屋から情報を買う(チケット購入)

実施施設紹介

実施施設紹介

古代オリエント博物館
〒170-0013
東京都豊島区東池袋3丁目1−4
サンシャインシティ文化会館ビル 7F
https://aom-tokyo.com/

ストーリー

◎事件概要
ある企業の社長が所有している古代メソポタミア時代の装飾品を寄贈することが決まり、寄贈する前に古代オリエント博物館で特別展が開催されることになった。
社長がこの装飾品を手に入れてからというもの、身の周りで不幸なことが立て続けに起こった。恐れを抱いた社長が調べたところ、「持ち主に不幸をもたらす『暗黒の装飾品』」と呼ばれていることがわかり、手放すことになったのだ。
そして行われた寄贈セレモニーの最中、社長が突然倒れ病院に運ばれる途中死亡した。死因が日本には存在しない古来の毒物であることや、直前に社長が取った奇妙な行動やなどから、装飾品の呪いなのではないかと噂が広まっていた。
ミステリータイムズ社の編集長の知りあいである探偵・黛大悟がこの調査に乗り出すことになった。そして、調査を担当する探偵を募ることが決まった。その白羽の矢が当たったのが、探偵である「あなた」である。

制作

E-Pin企画
https://epin.co.jp/

遊び方

*この事件調査にはスマートフォンとイヤホンが必須です。ご自身でイヤホンを必ずご用意ください。
*博物館館内は通常Wi-Fiサービスはございませんが、事件調査のためにミュージアムショップ(売店)周辺のみで使えるWi-Fiをご用意しております。
Wi-Fi接続にて動画等をご覧になられたい方は、売店周辺でご利用ください。

①チケット購入サイトにて、参加人数分のチケットを購入しよう。
②古代オリエント博物館の受付でチケット画面を見せ、「探偵調査ファイル」を受け取ろう。
③探偵からの情報を、「音声ガイド機能」「映像QRコード」などから入手。
④調査を進めていくと、探偵からの新しい情報が手に入る!
⑤館内の調査を終えたら、カフェや自宅など推理を楽しめる場所に移動し、事件考察。
⑥推理がまとまったら調査結果報告サイトにて調査結果を送信。
(調査結果は会期中いつでも送信できますが、投票はお一人1度のみとなります)
⑦調査結果を送信すると、あなたの探偵ポイント、真相ストーリーや探偵からのメッセージが送られてくる!

・博物館での調査にかかる時間の目安は、60分〜90分です。その後の推理結果投票は、開催期間中であればいつでも可能です。
・古代オリエント博物館の開館時間内(10~17時)に館内調査を終えられるよう、ご入場ください。

注目ポイント

老舗ミステリーコンテンツ「ミステリーナイトⓇ」などを手がけるE-Pin企画が池袋ミステリータウン「古代オリエント博物館」のために書き下ろした最新作。
E-Pin企画は「本格推理」「物語性」に特化したミステリーコンテンツで高い人気を誇っています。
その中でも特に注目されているのは、「探偵」として参加者が挑戦する事件推理のクオリティと「なりきり度の高さ」です。
「古代オリエント博物館」ならではの不可思議な事件を解き明かし、名探偵になってください。

開催期間

2023年8月5日(土)~
※実施施設のメンテナンス調整により8月5日より開催

料金

税込3,800円/1人

会場/アクセス

注意事項

・スマートフォンに接続できるイヤホンを必ずご持参ください。
・博物館での調査にかかる時間の目安は、60分〜90分です。その後の推理結果投票は、アトラクション開催期間中であればいつでも可能です。
・古代オリエント博物館の開館時間内(10~17時)に館内調査を終えられるよう、ご入場ください。再入場はできません。
・アトラクションのチケットを購入することで、館内で開催中の展示もご覧いただけます。展示内容については、古代オリエント博物館HPをご確認ください。
・スマートフォン等通信機器のデータ通信費用はお客様のご負担となりますが、ミュージアムショップ周辺でのみ使用できるWi-Fi(無料)をご利用いただくことが可能です。
・館内は走らないでください。万が一、参加中に事故や怪我、器物破損などで発生した損害につきましては、参加されたお客さま個人の責任となります。主催者側は一切の責任を負いません。予めご了承ください。

情報屋から情報を買う(チケット購入)

LINK関連リンク